ニュース一覧

有料と無料の違いとは

マンション

相場を考慮した価格が重要

現在お住いのマンションを売却する際には、査定を受けることが一般的です。マンション査定により、適正な売却価格を設定できます。ただ、マンション査定には2つの方法があり、どちらを選べばいいのか迷う方もいらっしゃいます。まずは2つのマンション査定の違いを理解し、スムーズな売却への第一歩を踏み出しましょう。不動産鑑定士によるマンション査定が、1つ目の方法です。国家資格者である不動産鑑定士は、マンションの価値を正確に提示します。ただし、一般的なマンション売却において、不動産鑑定士によるマンション査定は行いません。理由は有料であることと、法的根拠が不要なことです。査定相場は20万円から30万円ほどかかるため、重い費用負担がかかります。また、不動産鑑定士が作成する鑑定書類は、裁判所や税務署などに提出する証拠として扱われるほど高い信憑性を有します。一般的なマンション売却の場合には、法的根拠よりも売却できる価格を知ることが重要です。そのため、不動産鑑定士ではなく、不動産会社にマンション査定を依頼するのがおすすめです。不動産会社では、無料で査定に対応しています。法的根拠はなく、あくまで不動産会社の一意見であるのが不動産鑑定士との違いです。ただし、地域に精通し相場を理解している不動産会社の査定は、売却価格の参考情報として非常に有用です。また、過去に同じマンションを仲介した経験があれば、より正確な査定を期待できます。無料であるため複数の不動産会社に依頼し、気軽に査定額を比較できるのも大きな魅力です。